義務教育である小学校、中学校の教育を経た後、日本人の大多数が高校に進学します。

同級生と別れるのは、その後の進路です。

暮らしを豊かにしてくれるnanapiを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

公立大学に進む人々もいれば、私学の大学や専門学校に進学する若者もいます。また地元の企業に就職する人々もいれば、親の家業を継ぐ若者も大勢いるでしょう。
そして近年、注目されているのが高校卒業後のカナダ留学です。
留学と言えば大学生や大学院生が行うものといったイメージがあるかもしれません。

話題になっているカナダ留学に関するマニアックな情報をお届けします。

しかし、最近では高校卒業後にカナダ留学が普通に検討可能となりました。


サポートする民間企業やNPO団体が豊富に存在し、いわゆる一般家庭でも十分経済的に思案出来る子どもの進路です。

まだまだ高校卒業後は国内の学校に進むのが当然だ、という風潮がありますが、国際化が進む日本国内の環境を考えれば、我が子をカナダ留学に向かわせるメリットは多いにあるでしょう。

まず国内の大学では体得出来ない英語力が現地で学べます。

更に移民国家であるカナダでは異文化が皮膚感覚で学べるため、子どもたちの個性を伸ばす修業先として最適です。

日本の大学に進み、サークル活動やアルバイトで若い時代を過ごすのも有益なものですが、カナダ留学を通して、海外の歴史や哲学、芸術、語学を学べばグローバルに通用する立派な人材として成長出来ます。



カナダは米国や英国よりも親日的な風土であり、日本人の留学生に優しい文化があります。


留学生向けのバイトやアパート、ホームステイ先も豊富にありますので、高校卒業後にカナダ留学をすれば、普通の大学進学では得られないキャリアとスキルが体得出来るでしょう。